Microsoft、DHCP不具合でインターネットに接続できない問題をKB3206632でひっそりと修正

S 20161214 111014

Microsoftが先日公開した更新プログラム「KB3201845」によって発生していたインターネットに接続できなくなる問題が、最新の累積アップデート「KB3206632」で、ひっそりと解決していたことが判明しました(MSPoweruserArs TechnicagHacks)。

インターネットに接続できない問題は、DHCPに関連した不具合で、ヨーロッパや米国を中心にかなりの数のユーザーに影響したとみられている問題です。

Microsoftが配信を開始したKB3206632のリリースノートをよく確認すると、以下のような項目が含まれていて、同問題に対処したことがわかります。

Addressed a service crash in CDPSVC that in some situations could lead to the machine not being able to acquire an IP address.

場合によってはIPアドレスが取得できない可能性があるCDPSVCのサービスクラッシュに対処。

またMicrosoftコミュニティにもMicrosoftのLonnie_L氏からの書き込みがあり同問題が修正されたことが確認できます。

Update (12/13/16):
KB3206632 was released to resolve this issue. Customers should first take the steps above if they are unable to connect to the Internet, and then install the update. You can manually check for updates by clicking Settings, Update& Security, Windows Update and click Check for Updates. Click the Update History button to verify it if has already been installed. For most oなおthers, KB3206632 will be installed automatically. Visit the Windows Update FAQ for more information on keeping your PC up to date.

インターネットに接続できない問題が発生したユーザーは、タスクバーの「スタート > 電源」ボタンをクリックし、「再起動(シャットダウンではなく)」を選択し、ネットに接続できることを確認した後、KB3206632を適用すれば良いようです(シャットダウンではなく再起動しないといけないのは高速スタートアップのせい?)。

スポンサーリンク