更新プログラムKB4516067がSurfaceのIEを破壊

S 20190914 90629

Microsoftが先日公開した、Windows 8.1/Windows Server 2012 R2用の更新プログラムKB4516067を適用すると、SurfaceデバイスでInternet Explorer 11が開けなくなる不具合が報告されていることがわかりました。

現在更新プログラムの既知の不具合として以下の項目が追加されています。

症状 回避策
After installing this update on a Windows 8.1 RT device, Internet Explorer 11 may not open and you may receive the error, "C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe: A certificate was explicitly revoked by its issuer." We are working on a resolution and will provide an update in an upcoming release.

不具合の症状は「更新プログラムをインストールしたWindows 8.1 RTデバイスで、Internet Explorer 11が開けなかったり、"C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe: A certificate was explicitly revoked by its issuer."というエラーが表示される場合がある」というものです。Microsoftは問題解決に向け作業中で、今後の更新で修正を提供する予定とのことです。

なおRedditの情報によると、Surface RTだけではなくSurface 2でも同様のエラーが報告されている模様。Microsoftは情報を提供していませんが、KB4516067をアンインストールすることで、とりあえず問題を回避することができるようです。

スポンサーリンク