BootCamp環境でファン速度を制御する「Lubbo's Fan Control」

MacでWindowsを動かすことができるBootCampは大変便利ですが、CPUやGPUが高温になる傾向があるため困ることがあります。例えばMacBookProのパームレストの温度は、BootCamp環境だとOS X使用時に比べてと明らかに高温になるため、夏場の長時間使用はつらくなります。Apple純正のBootCampコントロールパネルにはファン速度を制御する機能が存在しないので「Lubbo's Fan Control」でファンの回転数を上げてやればしのぎやすくなるかもしれません。

「Lubbo's Fan Control」はMacBook Pro Unibody対応のフリーソフト(オープンソース)。ひょっとしたら他のノート型Macでも動くかもしれませんが未確認です。

■設定
最低限やらないといけないことはConfigurationで自分のMacBookProの構成にあった項目を選択することと、Lower Temp Thresholdを調節することです。Lower Temp Thresholdを低く設定しすぎるとファンが常に全力回転するようになってしまうので注意が必要です。[Apply]ボタンを押すと制御が始まります。

現在のファン回転数・CPU/GPUの温度は画面下部にリアルタイムに表示されるので、この値をみつつLower Temp Threshold、Upper Temp Threshold、FAN回転数のMIN/MAXを調節します。とはいえ、FAN回転数を変更する必要はあまりなく、温度のThresholdを変更するだけで十分かもしれません。

■まとめ
管理人が確認した限りBootCamp環境でもFan回転速度は可変でしたが温度が高くなる傾向にあるのは確かです。もう少し冷やしたい場合「Lubbo's Fan Control」を使えばお手軽にファンの回転数を強めて冷却することができます。ただし「常時MAXでファンを動かすと壊れる」という事例もあるようなので回しすぎには注意が必要かも。理想はApple純正ファン制御機能が提供されることなのですが…。

■URLなど
Lubbo's MacBook Pro Fan Control
http://sourceforge.net/projects/lubbofancontrol/

スポンサーリンク