Microsoft、Windows 10用に新ブラウザ「Spartan」を開発中か?

Browser

MicrosoftはWindows 10に、「IE 11」と共に、新しいWebブラウザ「Spartan」(コードネーム)を搭載する予定があるのかもしれません。Microsoftの噂情報に定評のあるZDNetの Mary Jo Foley氏が、「Microsoft is building a new browser as part of its Windows 10 pushh」という記事を公開し話題となっています(The VergeNeowinWinBeta)。

同記事によるとSpartanの外観はChromeやFirefoxに近いイメージのものに刷新されるものの、内部はChakra JavaScriptエンジンや、Tridentレンダリングエンジンが引き続き使用され、WebKitに移行するわけではないとのこと。過去に流れた噂情報から拡張をサポートするとも予測しています。

さらに、独自の情報源から得た情報として、Windows 10にはIE 11とSpartanが両方搭載され、IE 11は主に後方互換性のために存在し、SpartanはWindows 10のデスクトップとモバイル両方に搭載されるともいっています。

Spartanの正式名や正式リリース日は今のところ不明。来年の1月21に行われるWindows 10イベントで詳細が明かされる可能性を示唆しながらも確信はないようです(iOS/Androidへのポーティングに関しても同じく確信はない様子)。

SpartanでWebブラウザにおけるMicrosoftの巻き返しが始まるのか?その出来栄えに注目ですね。

スポンサーリンク