Microsoft、情報流出対策として「BitLocker」の使用を推奨

S 20191226 203545

廃棄HDDからの情報流出が社会問題となるなか、Microsoftがサポートフォーラムに「BitLocker の信頼性とメディア廃棄時のご使用に向けたご提案について」と題した、BitLockerの使用を推奨する記事を投稿している事が分かりました(窓の杜)。

BitLockerはWindows Vistaで導入されたドライブ単位のデータ暗号化機能で、一度有効にしてしまえば、格納されるデータは自動的に暗号化され、安全に保存することができるようになります。

BitLockerを用いたデータディスクにアクセスするには、48桁の回復パスワードや、TPM等を使用して認証する必要があるため、HDDやSSD、USBメディアなどの記憶メディアを廃棄する際のキュリティリスクを軽減させることができるのです。たとえデータを消去せず、暗号化ドライブをそのまま廃棄したとしても第三者がデータの内容を読み取ることは困難なためです。

BitLockerはWindows 10ではPro以上のエディションで標準機能として使用可能です。企業や組織で安全に記憶メディアを管理したいという方は試す価値はあるといえそうです(残念ながらWindows 10 Homeでディションでは使用できません)。

具体的な使用方法は「デバイスの暗号化を有効にする」に掲載されています。

スポンサーリンク