Microsoft、東芝SSDで発生するバッテリーバグのためWindows 10 April 2018 Updateの配信をブロック

Stop shield traffic sign road sign 39080

Microsoftが一般公開を開始した「Windows 10 April 2018 Update」をインストールすると、東芝製の特定のSSDを搭載したシステムで、バッテリー寿命があることが判明しました(Softpedia)。

Microsoftと東芝は現在、問題が発生するシステムを識別し、April 2018 Updateが自動的にインストールされないようブロックする取り組みを行っているとのこと。修正作業も進行中で、6月に配信される月例アップデートで対応される予定です。

この問題が発生するSSDは、東芝のXG4、XG5、BG3シリーズで、Window 10 April 2018 Updateにアップグレードすると、バッテリー寿命が低下する予期せぬ動作が発生するとのこと。

簡単な回避策は存在せず、以前のバージョンにダウングレードする方法が唯一有効な模様です。

なおWindows 10をダウングレードする方法が以下の記事で詳しく紹介しています。

Microsoftは4月末、Windows 10の大型アップデート「Windows 10 April 2018 Update」の一般公開を開始しました。 タイムラインや集中モ

あるいはMicrosoft公式ドキュメントの「Windows 10の回復オプション」も参考になります。

スポンサーリンク