Microsoft、Windows 10の累積アップデートKB4515384で発生中のスタートメニューと検索のバグを認める

S 20190913 80301

Windows 10 Version 1903用の累積アップデートKB4515384に、検索やスタートメニューに関連した不具合が存在することをMicrosoftが認めたことが分かりました。

現在、Windows 10の既知の不具合をまとめたリリース情報ページには、「Some users report issues related to the Start menu and Windows Desktop Search」という項目が追加されています。一部のユーザーからスタートメニューとWindowsデスクトップ検索に関する不具合の報告を受けており、Microsoftはこの問題を調査中で、詳細を今後共有する予定とのことです。

もともとKB4515384には、SearchUI.exeが原因でCPU負荷が高くなるというKB4512941で発生した不具合の修正が含まれていました。しかしその後、検索の不具合が修正されていないだけではなくさまざまな不具合が存在するとの報告が行われています。

スポンサーリンク