Microsoft、Windows 10 Version 2004の「記憶域スペース」の不具合を認識 - 回避方法はこちら

S 20200615 121559

MicrosoftがWindows 10 Version 2004で発生している「記憶域スペース」の問題を認識し、問題の回避方法を説明したサポートドキュメントを公開したことがわかりました。

同文書によると、今回の不具合は、パリティ記憶域スペースを使用しているデバイスを Windows 10 Version 2004(Windows 10 May 2020 Update)にアップグレードすると、記憶域スペースの使用またはアクセスに問題が発生する可能性があるというもの。シンプル記憶域スペースやミラー記憶域スペースは問題の影響を受けないそうです。

問題の完全な緩和策は見つかっていないものの、記憶域スペース上のデータを保全するため次の手順を実行して、記憶域スペースを読み取り専用としてマークすることができるとのことです。

  • スタートを選択し「powershell」とタイプ。
  • 「Windows PowerShell」を右クリックし「管理者として実行」を選択。
  • UACダイアログが表示されたら「はい」をクリック。
  • PowerShellダイアログで以下をタイプしエンターを押す。
    get-virtualdisk | ? WriteCacheSize -gt 0 | get-disk | set-disk -IsReadOnly $true
  • 記憶域スペースが読み取り専用に設定される。

Microsoftは問題を調査中で、該当する環境に対しては、Windows 10 Version 2004へのアップグレードを防ぐ互換性ホールドが設定されています。

スポンサーリンク