Microsoft、Windows 10 Version 1903にリモートデスクトップ接続するとブラックスクリーンが発生する不具合を認める

Black and white blur chairs 291777

先日、Windows 10 Version 1903にリモートデスクトップ接続するとブラックスクリーン(黒い画面)が表示され、操作できなくなる不具合が存在することをお伝えしました。

不具合の存在はMicrosoftのエンジニアによってすでに確認されていたのですが、Windows 10 release informationページにも公式に該当する不具合が追加されたようです(Softpedia)。

現在Version 1903の既知の不具合として「リモートデスクトップ接続を開始すると黒い画面が表示される」と題した以下の項目が追加されています。

S 20190714 85619

不具合の症状は、一部の古いGPUドライバを使用しているデバイスにリモートデスクトップ接続を開始すると黒い画面が表示される事があるというもので、対象プラットフォームはWindows 10 Version 1903のクライアント・サーバー両方となっています。

回避策は特に案内されていませんが、以前の情報では、ハードウェアの製造元から最新のディスプレイドライバーを入手してインストールしたり、デバイスマネージャーで問題のドライバーを無効化することで不具合を回避できる可能性があるようです。

Microsoftは問題解決に向けて作業中で今後のリリースで修正を提供する予定です。

スポンサーリンク