Chromiumベースの新生「Microsoft Edge」はChromeの拡張を使用可能に- EdgeHTMLとChakraCoreサポートも継続

S 20181204 190701

Microsoftは先日、Windows 10のデフォルトブラウザ「Edge」をChromiumベースのものに移行することを発表しました。新ブラウザの詳細に関してはまだ不明な部分が多い中、新ブラウザがChrome拡張をサポートする計画がある事が明らかとなっています(The Verge)。

MicrosoftのEdgeのプロジェクトマネージャーKyle Alden氏は、Redditで、新しいEdgeブラウザについて以下のようにコメントしています。

  • 既存のUWPアプリ(ストアのPWAを含む)は引き続きEdgeHTML/Chakraを使用できる。(それとは別に)新しいレンダリングエンジンを元にした新しいWebViewを提供する。
  • 現行のストアからの方法に加え、ブラウザから直接インストールできるPWAをサポートする。
  • 既存のChrome拡張をサポートする。

ChromiumベースのブラウザがChrome拡張をサポートするのは珍しいことではなく、たとえば同じChromiumベースのブラウザであるVivaldiはChromeの拡張をインストールすることが可能となっています。この事から考えてEdgeがChromeの拡張をサポートするのも自然な流れだといえるかもしれません。

同氏はまたChromiumベースのEdgeは開発の初期段階にあるとしながらも、全てのMicrosoftデバイスで動作させることが目標であると語っており、Xbox OneやHololensなどで動作することも可能になるのではないかと期待を集めています。

スポンサーリンク