Microsoft Edge、Windows 10 Version 1809でもバッテリー効率テストで他ブラウザに圧勝 - 最後の輝きか

Pexels photo 285173

MicrosoftはこれまでWindows 10の大型アップデートが公開されるたびにEdgeのベンチマーク結果を公開し、FirefoxやChromeといったほかのブラウザと比較して、いかにEdgeが優れているかをアピールしてきました。

Windows 10 Version 1809でも同様のブラウザベンチマークが実施され、EdgeがChromeより24%、Firefoxより94%もバッテリー持続時間が長いという結果がGitHubにて公開されています(Thurrott)。

テストはSurface Book上でHTML5のフルスクリーン動画をストリーミング再生し、バッテリーが切れるまでの時間を測定するというものです。Edge 18は16時間2分50秒だったのに対し、Chrome 69は12時間53分41秒(Edgeが24%長い)、Firefox 63は8時間16分20秒(Edgeが94%長い)と、Edgeが圧勝しています。

Browser Duration Edge Advantage
Edge 18 16:02:50
Chrome 69 12:53:41 Edge lasts 24% longer
Firefox 63 8:16:20 Edge lasts 94% longer

ただし今回の結果はブログやYouTubeなどでは公開されておらず、これにはEdgeがChromiumベースのブラウザに切り替わるというMicrosoftの方針変換が影響しているのではないかと見込まれています。EdgeがEdgeHTMLを切り捨て、Chromeと同じChromiumベースのブラウザになった場合でもバッテリー効率で優位が保てるのか注目を集めそうです。

スポンサーリンク