Microsoft、新ブラウザの正式名を「Microsoft Edge」として頭良すぎるロゴも発表

Edge

Microsoftは本日、開発者会議「BUILD 2015」において、これまで「Project Spartan」と呼ばれていた新ブラウザの名称を「Microsoft Edge」とすることを発表しました(Neowin)。同ブラウザのレンダリングエンジンは「EdgeHTML」という名前で知られていて、この名前がそのままブラウザの名前に採用された格好となっています。

Edgeは、ウェブページに直接注釈を書き込むことができる機能や、オフラインブラウズ機能が特徴の、Windows 10用のまったく新しいブラウザです。

同ブラウザのロゴも早速公開されていて、Edgeの「E」をかたどっています。

S 2015 04 30 10 36 55

これは、IEのロゴと非常に似ていて、これで良いのかという批判もあるようですが、ブラウザがIEでもEdgeでもどっちでもいい!という、一般ユーザー向けにあえて似たようなロゴを採用した可能性もありそうです。

その他機能面では、ChromeまたやFirefoxの拡張を移植しやすくすることも計画されているようで、新ブラウザにつきものの「機能不足」が、立ち上げ時から解消されてしまう可能性もあります。

スポンサーリンク