Microsoft、Windows 10 Version 2004のドライブの最適化ツールの不具合を修正へ

S 20200828 114659

Windows 10ではドライブを高速化するために、「ドライブの最適化」と呼ばれるツールを利用してドライブをデフラグし最適化することができます。

Windows 10 Version 2004(Windows 10 May 2020 Update)では、このドライブの最適化ツールに不具合が存在し、ドライブが実際は最適化されている場合にも最適化されていないという警告が表示されたり、ドライブが過剰に最適化されてしまう不具合が存在しましたが、この問題をMicrosoftが認め、8月のオプションアップデートで修正される予定であることがわかりました(Windows Latest)。

実際、先日Windows Insider ProgramのBetaテスター向けに公開されたWindows 10 20H2(Build 19042.487)では修正された問題として、以下のような項目が含まれています。

We fixed an issue that causes the Optimize Drives dialog to incorrectly report that previously optimized drives need to be optimized again.

以前に最適化されたドライブを、再度最適化する必要があることをドライブの最適化ダイアログが誤って報告する原因となる問題を修正しました。

修正は月末あたりに公開されるWindows 10 Version 2004のオプション更新プログラム(プレビューの更新プログラム)で修正され、来月の月例更新プログラムで一般向けにも提供されると予想されます。

最適化が過剰に実行されるとHDDやSSDにダメージを与える事も考えられるため、早期の解決を期待したいと思います。

スポンサーリンク