MicrosoftはすでにWindows 10 April 2018 Updateのインテルと東芝のSSDバグを修正したのか?

Windows10 1803

Microsoftが4月末に公開したWindows 10の大型アップデート「Windows 10 April 2018 Update」では、インテル東芝のSSDを搭載したシステムで問題が発生し、該当するSSDを搭載したPCに対する更新の提供がブロックされる状況となっていました。

Microsoftがこの不具合を本当に修正したかどうかはまだ確認されていませんが、Redditなどの情報によると、該当するシステムに対するWindows 10 April 2018 Updateの配信が再開されている模様です(Softpedia)。

Microsoftは、Windows 10 April 2018 Updateの配信後、Intel SSD 600p/6000pシリーズで問題が発生する事を認識し、再起動や停止後にUEFI画面が繰り返し表示されることがあると症状を説明していました。さらに数日後には東芝のSSD、XG4、XG5、BG3シリーズで、バッテリー寿命が低下する可能性があるという別の問題が発見され、これらのSSDを使用したPCに対するアップデートの提供はブロックされていました。

今回この状況が変わり、Reddit1Reddit2Reddit3の報告によると、インテルや東芝のSSDを搭載したシステムに対するWindows 10 April 2018 Updateの提供が再開されているようです。

ただし6月の月例更新でさらなる修正が行われる可能性があり、上記ハードウェアを使用しているユーザーはあせってインストールしない方が良いかもしれません。

スポンサーリンク