Microsoft、Windows 10 April 2018 Updateにアップグレード後にブロートウェアがインストールされる問題で炎上中

Windows10 1803

Windows 10ではこれまでもユーザーが特に必要としない、ブロートウェア(利用頻度の少ないソフトウェア)の類いが自動的にインストールされることが問題視されてきました。今回「Windows 10 April 2018 Update」にアップグレードしたあと、特定のゲームが再インストールされ、また削除することがこれまでよりも困難になっていることがRedditで指摘されて、炎上しています(Softpedia)。

同スレッドの情報によると、April 2018 Update後、ユーザーが以前削除したはずの「Bubble Witch 3 Saga」や「Candy Crush Saga」といった特定のゲームが再インストールされてしまい、また削除も難しくなっているとのこと。スタート画面で右クリックから削除をしても復活する場合、最初にMicrosoft Storeにログインし、すべてのアプリとゲームを更新した後、不要なアプリを削除する必要があるとのことです。

S 20180514 93752

今年の初めMicrosoftはWindows 10にブロートウェアを同梱しないことを約束しましたが、それはWorkstation SKUに限定されていました。一般ユーザーの割合が高いHomeやProユーザーは引き続きこの問題に悩まされる事になりそうです。

スポンサーリンク