Microsoft、EdgeからChromiumベースのブラウザに乗り換えか

S 20181204 190701

MicrosoftがWindows 10のデフォルトブラウザの「Edge」を置き換える、Chromiumベースの新ブラウザを開発中だという驚きの噂が流れていることがわかりました。

Windows Centralは匿名の情報筋から入手した話として、新ブラウザが「Anaheim」というコードネームで呼ばれ、ChromeやOperaでも使用されている、オープソースブラウザのChromiumがベースになっていると伝えています。

新しいブラウザが最終的に「Edge」というブランドで呼ばれるかどうかは不明とのことですが、デフォルトブラウザとして採用されることになれば、現在Microsoft Edgeで仕様されているレンダリングエンジンのEdgeHTMLが今後廃れることは間違いないと考えられます。

現在独自のレンダリングエンジンを採用したWebブラウザは少なくなりつつあり、Internet Explorerがフェードアウトしつつある今、Edge、Chromium、Firefox、Safariといった少数のブラウザだけが存在する状況となっています。Edgeが消えChromiumが圧倒的多数派になれば、ブラウザによってWebサイトの見栄えや挙動が異なるというWeb開発者やデザイナーの悩みは過去のものになるかもしれません。

Windows Centralはまた、MicrosoftのエンジニアがARMデバイス上でChromiumを動作させるため、プロジェクトにコミットしている事にも注目し、この作業がARM版Windows 10でAnaheimを動作させるための作業にもつながっているのではないかと指摘しています。

スポンサーリンク