Microsoft、「Microsoft Edge」のJavaScriptエンジン「Chakra」をオープンソース化して公開へ

NewImage

米Microsoftは12月5日(現地時間)、Windows 10の標準ブラウザ「Microsoft Edge」のJavaScriptエンジン「Chakra」のコアコンポーネントを「ChakraCore」として公開することを発表しました(Edge Dev BlogMicrosoft NewsslashdotArs TechnicaITmedia)。ソースコード来月1月からGitHubで公開され、MITライセンスが採用される予定となっています。

Chakraは、Microsoftが2008年から開発を始めた軽量JavaScriptエンジンです。ES2015の機能を幅広くカバーし、性能、信頼性、およびスケーラビリティの面で最高クラスのJavaScriptの実行環境を提供し、Edge以外にAzure DocumentDBやCortana、Outlook.comなどで使用されている実績を持ちます。

オープンソースとして公開されるChakraCoreは、本格的な自己完結型のJavaScriptエンジンとされ、NoSQLデータベースや生産性ソフトウェア、ゲームエンジンのように、JavaScriptの拡張機能を必要とするさまざまなソフトウェアに埋め込んで使用することができます。

NewImage

ChakraCoreはChakraと同じ基本機能を提供しますが、BrowserやUniversal Windows Platformとの連携機能や、COM診断APIは提供していません(別の診断API=Modern Diagnostic APIを提供)。

来年1月に公開されるソースコードはまずWindowsのみに対応したのとなります。将来的に他のプラットフォームにポートされる計画があるため、Microsoftは開発者に対し広く協力を呼びかけています。

スポンサーリンク