Microsoft、ついにWindows 10 October 2018 Updateの配信を一時停止 - ファイル削除問題につき

October update

Microsoftが先日公開したWindows 10のアップデート「Windows 10 October 2018 Update」をインストールすると、ライブラリフォルダやパブリックフォルダに含まれるユーザーのファイルが削除されてしまうという不具合が報告されていました。

削除されたファイルを完全に復旧させる方法は存在せず、また不具合の発生条件もはっきりしないなか、MicrosoftはWindows 10 October 2018 Updateの公開を一時的に停止することを案内しています(gHacks)。

Windows 10 Version 1809のWindows 10 update historyページには記事執筆時、既存の不具合として以下のような症状が掲載されています。

We have paused the rollout of the Windows 10 October 2018 Update (version 1809) for all users as we investigate isolated reports of users missing some files after updating.

更新後に一部のファイルが見つからないという報告を調査する間、Windows 10 October 2018 Update(Version 1809)の公開を一時停止しました。

加えてメディア作成ツールなどを使用してインストールメディアを手動でダウンロードした場合、使用しないよう警告も掲載されています。

Windows 10 October 2018 Updateの再公開の時期は不明で、10月の月例アップデートに間に合うかどうかも定かではない状況です。

スポンサーリンク