Microsoftの「Project Reunion」は銀の弾丸になるか?

S 20200910 94710

MicrosoftはWindows 8で、従来のWin32デスクトップアプリに加え、タッチハードウェアで使いやすいストアアプリを導入しました。Windows 10でもUWPアプリとして大々的に推進されれましたが、UWPアプリの人気は期待ほど高くなく、従来の高機能なデスクトップアプリが依然として使い続けられているのが現状です。

専門家や開発者がUWPアプリの未来に疑問を抱きつつあるなか、Microsoftが「Project Reunion」によって、デスクトップアプリとUWPアプリの溝を埋める計画があることを明らかにしています(Windows Latest)。

Microsoftによると、Windows 10のモダンアプリはWindowsのコア機能を取り込むための作業が続いており、一方のWin32アプリは新機能が追加されない「非革新的」な状態が続いているとのこと。Microsoftはここ数ヶ月、2つのアプリモデルに跨がるAPIを統一するこで、この混乱を一掃しようとしているのです。

Project Reunionでは、既存のWin32/UWP APIへのアクセスが一本化され、オペレーティングシステムから切り離される予定です。この結果、Windows 10に内蔵されている共有パネルへのアクセスなど、さまざまな「モダンな」機能が従来のデスクトップアプリからもアクセス可能になるのです。

Windows 10には、非常に強力であるものの複雑なWin32、基本機能は簡単に実装できるもののできることは限定されているUWPという2つのアプリケーションモデル存在します。Project ReunionによってWin32アプリとUWPアプリの両方が、新しいAPIにアクセス可能になり、2つのアプリモデルが統一される事が期待されています。

スポンサーリンク