Microsoft、Windows 10Xのエミュレーターを公開

Emulator

Microsoftは2月11日(現地時間)、2画面オペレーティングシステム「Windows 10X」をエミュレートするための「Microsoft Emulator」を公開しました(MicrosoftMSPoweruser)。

Windows 10Xアプリを開発するためには、公開されたMicrosoft EmulatorとWindows 10X Emulator Image、Visual Studio 2019、Windows 10 SDKなどが必要です。

エミュレーターとイメージは以下のリンクからダウンロード可能です(現在は動作せず?)。なおMicrosoft EmulatorはMicrosoft Storeからもダウンロード可能です。

なおエミュレーターがサポートするOSは64bit版のWindows 10 Pro/Enterprise/Educationエディション(Build 19555以降)で以下のハードウェアが必要となります。

  • 最低4コアのIntel CPU
  • 8GB以上のRAM(エミュレーター用に4GBのRAM)
  • 15GBのディスク空き容量(SSD推奨)
  • 専用のビデオカード推奨(DirextX 11.0/WDDM 2.4以降)

スポンサーリンク