Microsoft、停止していたWindows 10のオプションアップデートの提供を再開

S 20200618 112453

Microsoftは今年の3月から、COVID-19の影響により、Windows 10用のオプションの更新プログラムの提供を一時停止しています。今回この方針が変わり7月から通常状態に戻ることが明らかとなりました(Neowin)。

提供が再開するオプションアップデートはWindows 10 Version 1809以降にのみ公開され、役割を明確にするため「プレビュー」リリースとしてラベル付けされます。 これは、Windows 8.1の月次ロールアップですでに行われている方法で、以前Windows 7で行われていた方法と似ています。

Windows Updateの画面では以下のように表示されます。
Settings optional updates

このプレビューリリースは"C"週のみに提供され、WSUSチャンネルには表示されなくなります。Windows Insider ProgramまたはWindows Insider Program for Businessのユーザーに対しては、これらの非セキュリティ更新プログラムの開発中のバージョンが "B"週にRelease Previewチャンネルにリリースされます。

大部分は以前の状態に戻ることになりますが、すこし分かりやすく変更が加えられていることがわかります。オプションの更新プログラムは自動的にインストールされず、一般ユーザーにとってはあまり影響がありませんが、開発者やIT管理者の方は気にとめておいたほうが良さそうです。

スポンサーリンク