Microsoft、Spectre/Meltdownの脆弱性対策を更新 - Skeylake向けのマイクロコードの提供を開始

S 20180110 100542

Microsoftは1日(現地時間)、「Update on Spectre and Meltdown security updates for Windows devices」と題したブログ記事を公開し、IntelのCPU等に影響するSpectre/Meltdown脆弱性に対する最新の情報を提供しています(Neowin)。

同記事によるとMicrosoftは最近32bit版Windows 10向けのパッチを提供したそうで、その他のサポート中のWindowsバージョン向けのアップデートも引き続き更新していく予定とのこと。

Intelが第6世代、第7世代、第8世代Coreプロセッサ向けのマイクロコードを提供したのをうけて、Microsoft Updateを利用し、本日よりKB4090007として第6世代Coreプロセッサ(Skylake)向けの更新を提供するとしています。

Microsoftはまたアンチウイルスソフトの互換性にも注意するよう呼びかけていいます。パッチに対応していないアンチウイルスソフトを使用すると互換性の問題が発生する可能性があるため、使用中のアンチウイルスソフトの互換性についてアンチウイルスソフトの提供元に確認することが推奨されています。

SpectreとMeltdownの脆弱性は一回の修正で対応する事は難しく、CPUのマイクロコードや、OS、その他ソフトウェアを巻き込んだ対策が必要となっています。

スポンサーリンク