Windows 10の無償アップグレードの「抜け穴」がついに2017年12月31日に終了

S 20171031 93529

MicrosoftがWindows 7/8.1ユーザー向けに行った、Windows 10への無償アップグレード権の提供は、2016年7月29日をもって基本的には終了しています。

"基本的に"といったのは例外が存在するためで、障碍者向け支援技術製品を利用しているユーザー向けのWindows 10への無償アップグレードの提供はいまだ継続していたのですが(少なくとも米国では)、この提供がついに2017年12月31日をもって終了することが判明しました(gHacksSoftpedia)。

上の画像のように英語版ページでは、期限が2017年12月31日までと明記さています。

なお日本語版の対応するページは消えていて、代わりに「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 アップグレードについて」という案内情報が作られています。

本来は「障碍者向け支援技術製品」を利用するユーザー向けの無償アップグレード権の提供ですが、実際にそのような製品を利用しているかどうかのチェックは行われて折らず、無償アップグレードの「抜け穴」になっているのではないかとも指摘されていました。

2018年1月からはこの「抜け穴」が防がれることになりそうです。

スポンサーリンク