Microsoft、Windows 10 Insider Preview build 15014をリリース - 米国では電子書籍ストアに対応、多数の機能が追加

S 20170120 100117

Microsoftは本日、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview build 15014」のPC版およびモバイル版を公開しました(Blogging Windows)。

Windows Insider Programに参加し、更新設定を”Fast”に設定しているユーザーは、既存のWindows 10環境からWindows Updateを利用して最新ビルドに更新することができます(PC版の場合「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Update」より更新できます)。

Microsoftは現在、今年4月頃の公開が予想される、Windows 10の次期大型アップデート「Windows 10 Creators Update」に向けてベータビルドを精力的に更新中で、今回のビルドでも多数の新機能が導入されています。

主な新機能は以下の通りです:

Windows 10 Creators Updateで電子書籍の購入・閲覧に対応: 米国ではWindows Storeで電子書籍を購入しEdgeを利用して閲覧することが可能に。購入した電子書籍は"Bookライブラリ"からアクセスできる。これに伴いEdgeではPDFに加えEPUB形式のフォーマットをサポートした。

Visuel3

Cortana検索ボックスの明るい色合い: Cortana検索ボックスの新しい見た目を試験中。

Cortana通知のテキストの拡大: 通知とアクションセンターの通知は、OS全体で一貫した視覚的な扱いを得るため更新された。少し大きくなり、アクセントの色が適用される。

独自のアクセントカラーの利用: カラーピッカーを利用してアクセントカラーが設定可能となった。

Accent color picker

自動的に空き容量を増やす: 空き容量が少なくなったときに自動的に空き容量を増加させるオプションがストレージ設定に追加された。現在テンポラリファイルやゴミ箱に30日間存在するアイテムが削除対象となっている。デフォルトでオフ。

設定アプリの"Wi-Fi-サービス"のWi-Fi設定がマージ: Wi-Fi設定画面に存在する詳細設定がいくつかマージされた。

Windows 10デバイスの電源ライダー: 電源設定を素早く変更することができるスライダーUIが追加された。
Battery slider

その他多数の修正、変更が行われています。

公式ブログには、修正の詳細な内容のほか、既知の不具合もリストアップされています。インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク