Microsoft、Windows 10へのアップグレードでPCの新調を推奨してしまう

Pexels photo 204611

Windows 7のサポート終了が来年2020年1月14日にせまり、MicrosoftはWindows 7ユーザーに対し、Windows 10へのアップグレードを推奨しています。

4月からはWindows 7で、サポート終了を案内する通知がデスクトップに表示されるようになることも判明しているなか、Microsoftの公式サポートページ「Support for Windows 7 is nearing the end」で、Windows 10にアップグレードする際、ソフトウェアを更新するだけでなく、PCを新調することが推奨されていることがわかりました(Softpedia)。

同ページには以下のような情報が含まれています。

The best way to experience Windows 10 is on a new PC. While it is possible to install Windows 10 on your older device, it is not recommended.

Windows 10を体験するための最良の方法は新しいPC上です。 古いデバイスにWindows 10をインストールすることは可能ですが、お勧めできません。

Windows 10は新しいPCで使用することが推奨されていますが、不思議なことに(?)Windows 10のインストール可能なPCの要件自体は、Windows 7からあまり変わっていません。

Windows 10の必要要件:

  • プロセッサ: 1 GHz 以上のプロセッサまたは SoC
  • RAM: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
  • ハード ディスクの空き容量:16 GB (32 ビット OS) または 20 GB (64 ビット OS)
  • グラフィックス カード: DirectX 9 以上および WDDM 1.0 ドライバー
  • ディスプレイ: 800 x 600

Windows 7の必要要件:

  • プロセッサ: 1 GHz 以上のプロセッサ
  • RAM: 1 GB(32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
  • ハードディスクの空き容量: 16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット)
  • グラフィックスカード: WDDM 1.0 以上のドライバーを搭載した DirectX 9

Microsoftは、Windows 7向けのPCは10年前の技術を使用しているため、新しいPCに移行することで、10年前に利用できなかった新しい技術が利用可能になると説明しています。

個人的に古いWindows 7世代のノートPCをWindows 10にアップグレードしてみた経験では、基本的な動作は問題ないものの、Wi-Fiの接続が途中で切れる原因不明の不具合に悩まされました。Windows 7ユーザーの方は、ソフトウェアの更新だけではなく、ハードウェアのアップグレードも視野に入れて準備を進めておいたほうがよいのかもしれません。

スポンサーリンク