OneDriveアプリ自体がWindows 10 May 2020 Updateへのアップグレードをブロックか

S 20200624 95710

先日Windows 10 May 2020 Update(Version 2004)で、OneDriveのファイルオンデマンド機能に問題が発生している事をお伝えしましたが、それに加え、OneDriveアプリが存在すると特定のデバイスでWindows 10 May 2020 Updateにアップグレードできないという問題も発生していることがわかりました。

OneDriveのファイルオンデマンドの問題は、「古いデバイス、またはレガシーファイルシステムフィルタードライバーを使用する特定の古いアプリがインストールされているデバイス」が原因で、問題を解決するための専用トラブルシューターが公開されています。

今回新たに報告されている問題は、例えばWindows 10 Version 1909からVersion 2004にアップグレードする際、「OneDriveとレガシーフィルタ(GUIDはafb67a42-a10a-48a0-9677-77b4d80efecc)」によってアップグレードがブロックされるというものです。

I’m trying to do a feature update of Windows 10 from 1909 to 2004. However, during the install, I get what appears to be a blocking app. the *_HumanReadable.xml file tells me the name of the app is “OneDrive and Legacy filters” with a AppGuid of {afb67a42-a10a-48a0-9677-77b4d80efecc}, neither of which I can find in Add/Remove Programs, Win32_Product, or HKLM:\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall.

このためOneDriveをアンインストールすることによってWindows 10 May 2020 Updateにアップグレードすることができたというユーザーも存在します(アンインストールしたOneDriveはMicrosoft Storeから再インストール可能)。

Microsoftの社員はこの問題がOneDriveとレガシーフィルタに関係していると考え、以下のリンクを参照することを推奨しています。

Windows 10 May 2020 Updateはまだ既知の不具合が多数存在する状態であるため、新機能が必要でない場合、しばらく従来のバージョンを使用し続けた方が安心といえそうです。

スポンサーリンク