MicrosoftのProject ReunionはUWPとWin32の統合を目指す

Project reunion

Microsoftは5月19日(現地時間)、バーチャルイベントとして開催された開発者会議Build 2020で、「Project Reunion」を正式に発表しました(gHacks)。

Project ReunionはWin32プログラムとUWPアプリケーションを統合するMicrosoftの試みで、Win32とUWPの間の技術的なギャップが解消される事が期待されます。

Microsoftは過去2年間にわたり、Win32とUWPプラットフォームの間に存在するAPIの壁を打ち破るための試みを続けてきました。Project Reunionはこの取り組みを拡張するもので、Win32およびUWP APIへのアクセスを統合し、NuGetなどのツールを介してOSから切り離して使用する事が可能になります。

アプリの共通プラットフォームとして機能し、C++や.NET(WPF/Windows Forms, UWP)、React Nativeなどによって作られた既存のアプリから最新の機能を利用することが容易になります。

Webview 2

取り組みの一環として最初に公開されるコンポーネントは、WinUI 3 Preview 1とWebView 2で、 WinUI 3 Preview 1は「高性能でFluentに最適化されたWindows用のネイティブUIフレームワーク」、WebView 2はMicrosoft EdgeとChromiumのレンダリングエンジンを使って、WebコンテンツをWindowsアプリケーションに統合することができるコンポーネントだと説明されています。

既存のデスクトップアプリを完全に置き換えることはできないUWPアプリの推進によって焦点の定まらない状態になっていたWindowsアプリ開発が、Project Reunionで復活することができるのか注目を集めそうです。

スポンサーリンク