セキュリティフィックス、バグ修正が行われた「PuTTY 0.63」

NewImage

Windows用ターミナルエミュレーターPuTTYの最新版「PuTTY 0.63」が公開されています(Changes)。

バージョン0.63では、0.62以前のバージョンで見つかった次のセキュリティホールの修正が行われています。vuln-modmulvuln-signature-stringlenvuln-bignum-division-by-zeroprivate-key-not-wiped。その他大部分はバグ修正で新機能も少し。

セキュリティが重要なSSH用クライアントなのでできるだけ最新版を使った方がよさそうです。

スポンサーリンク