「ReactOS 0.4 RC2」がリリース - 正式版に向けさらに完成度が高まる

NewImage

オープンソースでWindows互換を目指し開発が行われているオペレーティングシステム「ReactOS」の最新版0.4 RC2がリリースされました(Phoronix)。昨年12月にリリースされた0.4 RC1に続く0.4系の2番目のリリース候補で、現在SourceForgeよりインストール用のISOファイルをダウンロードできます。

ReactOS 0.4では、ネットワークやワイヤレス、サウンド、SATA、USBの改良、エクスプローラーUIの刷新、メモリ管理の改良など多くの新機能の追加が計画されており、RC 2では0.4正式版にむけ不具合の修正や改良がさらに進められています。

仮想マシンを利用すれば実際に試してみることも簡単です。ReactOSに興味のある方はどうぞ。

スポンサーリンク