「Resource Hacker 4.0 」がリリース - RESファイル作成機能が追加

S 2015 05 04 0 33 17

Windowsの各種ファイルのリソース編集ツール「Resource Hacker」の最新版、「Resource Hacker 4.0」がリリースされました(BetaNews)。現在公式サイトより最新4.0対応のインストーラーをダウンロードすることができます。

Resource Hackerは、Windowsの実行ファイル(*.exe, *.dll, *.cpl, *.ocx)に含まれる、リソースファイル(*.res)ファイルを閲覧、保存、変更することができる有名なソフトです。

公式サイトではバージョン4.0の変更点は明示されていませんが、BetaNewsによると、32bitビットマップ画像の表示の改善や、*.resファイルをスクラッチから新規作成する機能が追加されている、とのこと。

Resource Hackerのような歴史あるソフトが今だにアップデートされ続けているのはありがたいですね。リソース編集マニアの方はどうぞ。

スポンサーリンク