ほぼMinecraftのためだけに玄人志向「RH7750-E1GHD」を導入

今までCore i7 2600Kの内蔵GPU、Intel HD 3000で、頑張ってMinecraftを遊んでいたのですが、ガクガクもっさりにがまんできなくなり、玄人志向のビデオカード「RH7750-E1GHD」を購入しました。

videocard

最近のビデオカード事情に全くうといのですが、安価であること、1スロットで足りること、省電力っぽいこと(補助電源不要)、そしてなによりMinecraftをプレーするのに必要十分な性能があることを重視して選択しました。

■Minecraftでは満足
ビデオカード追加後、F3でFPSを表示して確認したところ、描画距離「遠い」でも70FPS〜100FPS近くでています。HD3000の場合、重いところで10FPSぐらいしかでてなかったことを考えると圧倒的な進化です(汗。もちろん体感的にももっさりなしで満足しました。

■気になる消費電力など
ワットチェッカーでアイドル時の消費電力を測定したところ、追加前が50Wぐらい、追加後が70Wぐらいと、やはり着実に消費電力が増えてしまいました。まあこの辺はトレードオフなので仕方ないところです。

ファン付きのGPUなのでファンの騒音も気になりましたがこれは許容範囲。CPUファンの音で相殺されるぐらいで気にはなりませんでした。

■まとめ
ビデオカードは通常業務にはほぼ必要ない部品ですが、Minecraftのために渋々導入しました。消費電力が増えましたが、Minecraftで不満に思うことは全くなくなったので満足しています。来年Simcityの新作がでるのでこのビデオカードで対応できればよいなあ…。

スポンサーリンク

1 個のコメント