「Microsoft Small Basic」で簡単プログラミング

「Microsoft Small Basic」はプログラミング初心者用のプログラミング言語・開発環境です。

Microsoftといえば「Visual Basic」というように、Basicに対して強いこだわりが感じられる会社です。学習用にもBasicがベストということで開発されたのでしょうか。

■インストール
インストールはサイトからSmallBasic.msiをダウンロードし、インストーラーを実行するだけです。

スタートメニューからSmallBasicを検索して実行します。

■サンプルの実行
「インポート」という機能を使ってソースコードをネット経由でダウンロードできるみたいです。例えばIDでTETRISを指定するとSmall Basicで作られたTETRISのソースコードがとりこまれます。

「実行」ボタンを押すとテトリスが動きます。ちなみにWebブラウザでで直接実行する事もできるようです。

■まとめ
テトリスのソースコードをみたところ500行ちょいでした。簡単に動きがあるプログラムを作ることができるので、プログラミング学習用に向いていそうです。文法などは「Visual Basic」とくらべて大幅に簡略化されていますが、Basicであることはかわりないので「Small Basic」使いから「Visual Basic」使いにステップアップしたときに少し役立つかもしれません。

■URL
Microsoft Small Basic
http://smallbasic.com/

スポンサーリンク