Microsoft、「Surface Pro 4」と、2in1の高性能ノート「Surface Book」を発表

Surfacebook

Microsoftは10月6日(現地時間)、Windows 10ハードウェアイベントにて、「Surface Pro」シリーズの最新モデル「Surface Pro 4」と、キーボードが分離するハイブリッド型の高性能ノートPC「Surface Book」を発表しました。

Surface Pro 4はSurface Pro 3の順当進化型です。対してSurface Bookは同社初のノートPCであること、およびユニークなヒンジの構造の採用等で、より注目を集めています。

以下スペックなどをまとめてみました。

Surface Pro 4

Surfacepro4

Surface Pro 4は、Surface Pro 3の進化系。第6世代のCore iプロセッサを搭載し、処理能力が30%高速化したほか、額縁が狭くなり画面が12インチから12.3インチへ少し大きくなっています(Engadget日本版PC Watch)。主なスペックは以下の通りです。

  • ソフトウェア: Windows 10 Pro
  • ディスプレイ: 12.3インチ 736 x 1824 (267 PPI)
  • プロセッサ: 第6世代 Core m3/i5/i7
  • メモリ: 4GB/8GB/16GB
  • ストレージ: 128GB/256GB/512GB/1TB
  • 重量: 766g/786g/786g
  • サイズ: 292.10mm x 201.42mm x 8.45mm
  • バッテリー: 最大9時間

価格は、Core M3/メモリ4GB/SSD 128GBモデルの899ドルより。米国では10月26日より発売されます。

Surface Book

Surface BookはMicrosoft初のキーボードが分離できる2in1型ノートPCです。13.5インチ、解像度3,000×2,000のディスプレイ、Skylake CPU、GPUを内蔵し最速の13インチ型ノートPCであると主張されています。

Surfacebook

注目はこれまでのノートPCで見たことのないような独特の構造のヒンジで、ディスプレイとキーボードを丸まるように閉じることができるものです。ディスプレイは裏返しで取り付けることもできます(PC Watch)。

主なスペックは以下の通りです。

  • ソフトウェア: Windows 10 Pro
  • ディスプレイ: 13.5インチ 3000 x 2000 (267 PPI)
  • プロセッサ: 第6世代 Core i5/i7
  • メモリ: 8GB/16GB
  • ストレージ: 128GB/256GB/512GB/1TB
  • 重量: 1516g
  • サイズ: 312.3mm x 232.1mm x 13.0 - 22.8mm
  • バッテリー: 最大12時間

 

価格は、Core i5/メモリ8GB/SSD 128GBが1,499ドルより。こちらも米国では10月26日より発売されます。

ヒンジの耐久性がすこし気になりますが要注目のデバイスといえそうです。

スポンサーリンク