Windows 7のオープンソース化を要求する請願活動が始まる

S 20200126 203224

Windows 7のサポート期間が2020年1月14日に終了したなか、Free Software Foundation(FSF)は1月23日、サポートが終了したWindows 7のソースコードの公開を要求する「Upcycle Windows 7」と題した請願活動を開始しました(The Register)。

FSFは、Windows 7のサポート期間は終了したものの寿命は終わっておらず、MicrosoftにUpcycle(再利用)を要求すると説明しています。Windows 7のサポート終了は、教育の汚染やプライバシーの侵害など、過去の過ちをただすための絶好の機会で、Windows 7をフリーソフトウェアとしてリリースし、研究と改善のためにコミュニティに提供するよう要求しています。

FSFは7777人のサポーターを募集し、終了したオペレーティングシステムのソースコードを公開してもMicrosoftは失うものは何もないと主張していますが、Windows 7にはMicrosoftがライセンスを所有していないコンポーネントが多数含まれていることや、Windows 7のベースが現行のWindows 10に引き継がれていること、有償の企業向けの延長サポート(ESU)が最大3年間提供される予定であることなどから、実現は困難だと見込まれています。

スポンサーリンク