【Tips】MacでJISキーボードを快適に使用する方法

NewImage

ここ数年、自宅環境ではMac miniとWindows PCを、PC切替器で切り替えながら使い分けています。

キーボードは、Macのワイヤレスキーボードを使いたかったのですが、Windows環境で使うときに苦労しそうなので、ごく普通のPC用JISキーボードを使用中。

最初は戸惑いましたが、実はJISキーボードでも設定によって、全く違和感なくMacを操作することができるようになります。この方法を説明したいと思います(なお、PC切替器を使わず、JISキーボードを直接接続する場合でも全く同じ設定が使えます)。

修飾キーの設定

システム環境設定

「システム環境設定 > キーボード > 修飾キー」で、以下のように変更します。

  • Caps Lockキー: Control
  • Controlキー: Control
  • Optionキー: Command
  • Commandキー: Option

この設定により、Aキーの左の隣のCaps LockキーがControlに、WindowsキーがOptionに、AltキーがCommandになります。修飾キーがMacのJISキーボードと同じ並びになりました。

PCKeyboardHack

PCKeyboardHack 1

PCKeyboardHack」を使い、For Japanese以下の項目に全てチェックを入れます。

  • Enable NFER Key on PC keyboard
  • Enable XFER Kehy on PC keyboard
  • Enable KATAKANA Key on PC keyboard

無変換キーが英数に、変換キーがかなに、カタカナキーが右Commandになります。これで、スペースキーの左右のキーもMacのJISキーボードと同じように扱えるようになりました。

ことえりやGoogle IMEで、無変換でIMEをオフ、変換でIMEをオンするように設定することもできます。

まとめ

まとめると以下のようになります。

Left

キーボードの左側。

Right

キーボードの右側。

この設定を行えば、MacBook(Pro/Air)のJISキーボードモデルを併用している場合でも、違和感なくPC用のJISキーボードを使うことができるようになると思います(同じ並びになるので)。Command/Optionあたりの修飾キーが混乱しそうですけど、使う頻度が高いキーなので慣れれば問題ないでしょう。

Mac miniユーザーかつJISキーボード愛好家にオススメの設定です。

スポンサーリンク