Microsoft、全大文字メニューが回避できるようになった「Visual Studio 2013 Update 3」をリリース

Vs2013update3

Microsoftの開発環境「Visual Studio 2013」の最新アップデート「Visual Studio 2013 Update 3」正式版が公開されています(ダウンロードVisual Studio NewsVisual Studio Blog説明Ars TechnicaNeowinWinBeta)。

Update 3では、メモリプロファイラが.NETアプリケーション/ネイティブ32アプリケーション両方をサポートするように拡張されたほか、CodeLens機能がgitリポジトリをサポート(ただしUltimateのみ)、Windows Storeアプリケーションのためのデバッガーの改良が行われるなど様々な改良が行われています。

All caps

英語圏のユーザーに評判の悪かった、ALL CAPS MENU (全部大文字のメニュー)もオプションを設定することによって回避可能になったようです。この辺の柔軟性はさすがMicrosoftでしょうか…。

スポンサーリンク