Microsoft、 Windows 10の累積アップデートKB4515384で発生するOOBEバグの回避策を提供

Windows 10 logo

Microsoftは10月29日、Windows 10 Version 1903用の累積アップデートKB4515384に、Out of Box Experience(OOBE)に関する不具合が存在することを認め、回避策を提供しています(Softpedia)。

Windows 10の既知の不具合を認めたリリース情報ページには以下の項目が追加されています。

S 20191030 193122

不具合の内容は「OOBEを使用してWindowsデバイスをセットアップする際、IMEを使って中国語、日本語、韓国語のローカルユーザーを作成できない」というもので、Microsoftアカウントを使用した場合は影響しないとのこと。

回避策として、ユーザー作成時にキーボード言語を英語に設定してローカルアカウントを作成するか、Microsoftアカウントを使用してOOBEを完了し、デスクトップが表示された後にユーザー名を変更する方法が案内されています。なお新しいローカルユーザーアカウントを作成する方法はこちらで詳しく説明されています。

Microsoftは問題の解決に取り組んでおり11月の後半に修正が提供される予定です。

スポンサーリンク