Microsoft、Windows 10は無断でアクティビティデータを集めていないと釈明

S 20181212 195430

先日、Windows 10がユーザー設定を無視してアクティビティデータをMicrosoftに送信しているのではないかとの疑惑が流れました。この問題に対しMicrosoftは、プライバシーダッシュボードに表示される情報と、Windows 10のアクティビティ履歴は別物で、ユーザーに無断でデータを集めているわけではないとの釈明を行っているようです(Neowin)。

MicrosoftのMarisa Rogers氏はNeowinに対し「Windows 10とプライバシーダッシュボードの両方で"アクティビティの履歴"という同じ用語が使われていますが、Windows 10のアクティビティの履歴は、プライバシーダッシュボードに表示されているデータのサブセットで、用語の問題は今後更新する予定です」と説明しています。

Microsoftによると、「設定 > プライバシー > アクテビティの履歴」と「設定 > プライバシー > 診断 & フィードバック」の両方の設定を変更することで、データを完全に送信しない設定にすることが可能とのこと。How-To-Geekが指摘した情報が正しかったことになります。

ただしXbox OneやiOSやAndroid向けのMicrosoftのアプリなど、データ送信を完全にオフにできない場合があり、そのようなデータはプライバシーダッシュボードに反映されていく模様です。

スポンサーリンク