Windows 10の次期大型アップデートではSpectreの減速を軽減するRetpolineパッチが導入される

S 20180110 100542

Windows 10の次期大型アップデート19H1には、Googleが開発したSpectre Variant 2脆弱性の緩和対策「Retpoline」が導入されることがわかりました(MSPoweruserslashdot)。

Retpolineは2018年初頭に発見されたCPUの脆弱性「Spectre Variant 2」に対するソフトウェアベースの緩和策で、投機的な実行を制限してCPUに対する攻撃を緩和しつつ、パフォーマンスへの影響を最小限に抑える事が可能とされています。RetpolineパッチはRedHatや、SUSE、Oracle Linux 6/7などですでに導入されており、Windows 10でも2019年に公開予定のWindows 10の大型アップデート「19H1」で、これらLinuxに続き同様の対策が導入されることになります。

MicrosoftのカーネルエンジニアMehmet Iyigun氏は、19H1でRetpolineを有効にすることでSpectre v2対策のパフォーマンスへの影響を"ノイズレベル"に軽減することができると発言しています。

Windows 10 19H1は、CPUの脆弱性対策によるパフォーマンスの低下を感じていたユーザーにとっては待望のアップデートということになるかもしれません。

スポンサーリンク