Windows 10 19H2の最初のビルドがSlowリング向けに公開

S 20190702 82552

Microsoftは本日、Windows 10 19H2の初のビルドとなる「Windows 10 Insider Preview Build 18362.10000」を公開しました(Windows BlogMSPoweruser)。

公開されたプレビュー版は、今年の秋に公開予定のWindows 10の機能アップデート「19H2」の開発版ビルドです。Windows Insiders Programの更新オプションでSlowリングを選択しているユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます。

19H2ではパフォーマンスの向上やエンタープライズ機能、品質の改良などが行われる予定で、Windows 10 May 2019 Updateを実行しているユーザーに対して提供されます。

またInsiderにとっては19H2で次のような違いがあると説明されています。

  • 19H2を取得するためにはWindows 10 May 2019 UpdateでSlowリングを使用している必要がある
  • 19H2はフルビルドではなく累積アップデートで提供される
  • より良いフィードバックを得るために、制御機能ロールアウト(CFR)を実行し、一部のInsiderは特定の機能を確認することができない場合もある
  • CFRに関し、アップデートに含まれる特定の機能はデフォルトでオフになっていても、個別にオンにすることができる

なおBuild 18362.10000にはOEM向けの変更が2つ含まれているものの、ユーザーが確認できるような新機能は含まれていないとのこと。新しい配信ラインをテストするためのリリースと位置づけられています。

スポンサーリンク