Windows 10 20H2は商用テストの準備が完了、ISOファイルも間もなく提供へ

S 20200822 103928

Microsoftは8月20日(現地時間)、「Windows 10 Version 20H2」が、商用顧客に対するプレリリース検証用途で利用可能になったことを発表しました(Neowin)。

Windows Insider Program for Businessのユーザーは、WSUSや今後提供予定のISOファイル、Azure Marketplace、Beta/Release PreviewチャンネルのWindows Updateなどを利用して、20H2のテストを実施することができます。

これまでの情報の通り、20H2はWindows 10 Version 2004に対して、機能有効化パッケージを使用して配信されます。Version 1903から1909へアップデートした際に使用されたのと同じ技術により、少ないダウンタイムで更新が完了することが期待できます(ただしVersion 1903/1909デバイスではフル機能アップデート)。

Microsoftは現在、10月あるいは11月が予想される20H2の一般公開に先駆けて、安定化とバグの修正に取り組んでいます。20H2はマイナーアップデートですが、新しいスタートメニューやAlt-Tabの改善、Chromium版Edgeの改良など、いくつかの注目の新機能が含まれています。

スポンサーリンク