Windows 10 April 2018 UpdateでスタートメニューのFluent Designが壊れる不具合が発見される

Windows 10 april 2018 update

Microsoftは現在、Fluent Designとよばれる新たなデザインメソッドを提唱し、Windows 10への導入を徐々に進めています。Windows 10 April 2018 Updateでもさまざまな部分で、Fluent Designが取り入れられているなか、スタートメニューのエフェクトが動作しなくなってしまう不具合が発見されたことがわかりました(Softpedia)。

Redditに動画つきで投稿された情報によると、スタートメニューの左側にあるアイコンの近くにカーソルをしばらく停滞させツールチップを表示させることで、「Reveal highlight」とよばれるFluent Designのエフェクトが動作しなくなる模様です。少しわかりづらいですが、カーソルハイライトそのものではなく、周辺が明るくなるエフェクトが動作しなくなっていることがわかります。

ただしすべてのシステムで再現できるわけではなく、Windows 10ビルドの開発に携わるエンジニア、Jen Gentleman氏よると、プレビュービルドでは修正されているとのこと。

他の不具合同様、来月6月12日に公開される月例アップデートでの修正が期待されます。

スポンサーリンク