Windows 10 April 2018 Updateのコマンドライン・WSL関連の新機能一覧

S 20171215 100553

Microsoftは最近Windows 10で、コマンドラインツールや、Windows Subsystem for Linux(WSL)関連の強化を続けています。最新のアップデート「Windows 10 April 2018 Update」でもこの傾向は変わらず、多数の新機能が追加されています。

今回はAnandTechでまとめられていた情報を元に、Windows 10 April 2018 Updateで追加されたWSLやコマンドラインツールの新機能・改良点をご紹介したいと思います。

WSLで利用できるディストリビューションの追加: Debian GNU/Linuxのような人気ディストリビューションに加え、Kali Linuxのような新しいディストリビューションが利用可能となっています。WSLでは複数のLinuxディストリビューションをインストールし、同事に実行することが可能です。

S 20180528 92221

WSLのバックグラウンドタスクの強化: バックグラウンドタスクは以前から利用可能でしたが、Windows 10 April 2018 Updateではコンソールウィンドウを閉じた状態でも実行可能となっています。

WindowsでUNIXソケットが利用可能に: WindowsでUNIXソケットが利用可能となり、ソケットを通じてWindowsとWSLが通信可能になりました。

OpenSSHのサポート強化: OpenSSHのクライアントとサーバーが利用可能で、クライアントはデフォルトで有効になっています。

S 20180528 92421

TarとCurlコマンドの追加: 使用頻度の高いUnixコマンド「tar」と「curl」がWindows 10に追加されました。またWindowsとLinux間のパスを変換する「wslpath」と呼ばれるツールも追加されています。

S 20180528 92748

新しいファイル権限のサポートや大文字小文字の区別: Linuxのパーミッションをファイルに設定できる新しいパーミッションの追加や、大文字小文字を区別するオプトイン対応が行われています。

UWPアプリとしてコンソールアプリが許可: Windows 10 April 2018 UpdateからはコンソールUWPアプリがサポートされ、ストアで配信可能となりました。

コマンドラインツールの使い勝手の良さでは、どうしてもmacOSにはかなわない印象のあったWindowsですが、これら新機能の追加によって、Unix環境を使用する事の多い開発者にとっても見逃せいない環境に成長しつつあるといっても良いかもしれません。

スポンサーリンク