Avast、Windows 10 April 2018 Updateがクラッシュする問題はアンチウィルスソフトのせいではないと主張

Windows10 1803

Microsoftが4月末に公開した、Windows 10の大型アップデート「Windows 10 April 2018 Update」では、大小さまざまな不具合が報告されており、中には最近になって多数の報告が行われているような不具合も存在します。

これらの不具合のなかのいくつかは、アンチウィルスソフトとの互換性の問題によって引き起こされているのではないかとの予想も行われているなか、AvastはThe Registerに、Windows 10 April 2018 Updateで発生する不具合は、同社のアンチウィルスソフトが原因ではないと主張する声明を発表しています(Softpedia)。

Avastは不具合のレポートをすべて調査し、少数のユーザーがWindows 10 April 2018 Updateで問題に遭遇したことは分かっているものの、現在のところ、アンチウィルスソフト側に問題はみつかっていないと説明してます。

We have tested this and couldn't identify any problems affecting Avast Antivirus consumer users specifically. Online user comments show that many are unfortunately experiencing problems updating to Windows 10 ‘1803’. We cannot rule out that a small number of Avast users may be having difficulties updating, too, but we don't see any indications that this is caused by Avast,

テストしたところAvast Antivirusのコンシューマユーザに影響を与える問題は特定できませんでした。オンラインユーザーからのコメントによると、残念ながら多くの人がWindows 10 1803にアップデートする際に問題を抱えています。少数のAvast利用者の中にアップデートするのが困難なユーザーがいるのは分かっていますが、Avastが原因であるという兆候は見られない。

Microsoftはこの問題に対し沈黙を守っていますが、毎月第二火曜日に月例更新を公開しているため6月12日(日本時間6月13日)に、Windows 10 April 2018 Updateに対する月例更新も公開されると見込まれます。多くのユーザーに不安を与えているWindows 10 April 2018 Updateのバグがどこまで修正できるのか注目を集めそうです。

スポンサーリンク