Windows 10にiOSのオフロードアプリ機能が追加へ

Archive apps in Windows 10

AppleはiOS 11で未使用のアプリを自動的に削除する「オフロードアプリ」と呼ばれる機能を導入しました。今回、同様の機能がWindows 10の一部インサイダー向けに提供されている事が明らかとなっています(Windows Latest)。

「Archive apps」と呼ばれるこの機能はデフォルトで有効になっていて、使用する頻度の少ないMicrosoft Storeアプリを自動的に削除する機能だと説明されています。

To save storage space and internet bandwidth, apps you don't use
frequently will be archived automatically. Your files and other data will
be saved. The next time you use an archived app, it'll connect to the
internet to restore the full version (if it's still available).

ストレージ容量とインターネットの帯域幅を節約するために、使用しないアプリは自動的にアーカイブされます。あなたのファイルやその他のデータは保存されます。次にアーカイブされたアプリを使うときにはインターネットで完全版を復元してください(まだ利用可能な場合)。

単にアプリを削除する場合と異なり、データファイルは保存され、再度アプリを使用したくなった場合は、アプリをダウンロードするだけで以前の状態に戻すことができることがわかります。

Microsoft Storeのアプリは、PC上のストレージを多く消費する場合があります。「Archive apps」がうまく動作すれば、バックアップなど余計な作業を行う必要なしに、ストレージが自動的に開放されることが期待できます。

スポンサーリンク