Windows 10で更新プログラムのインストール後に復元できない不具合が明らかに

Bluescreen

Windows 10に更新プログラムをインストールした後、復元ポイントにシステムを復元できない不具合が存在することがわかりました(gHacks)。

Microsoftが公開したサポートドキュメント「You cannot restore the system to a restore point after you install a Windows 10 update」によると以下のようなシナリオで「Stop error (0xc000021a)」が発生し、デスクトップに復帰することができない不具合が発生するとのこと。

  • Windows 10をクリーンインストールする
  • システムの保護を有効にして"R1"という名前の復元ポイントを作成する
  • 1個以上の更新プログラムをインストーする
  • 更新プログラムをインストール後"R1"復元ポイントに復元する

これはWindows 10の既知の不具合で、原因はシステムの復元プロセス中にドライバのバージョンの不一致が発生するためと説明されています。

This is a known issue in Windows 10.

During the system restore process, Windows temporarily stages the restoration of files that are in use. It then saves the information in the registry. When the computer restarts, it completes the staged operation.

In this situation, Windows restores the catalog files and stages the driver .sys files to be restored when the computer restarts. However, when the computer restarts, Windows loads the existing drivers before it restores the later versions of the drivers. Because the driver versions do not match the versions of the restored catalog files, the restart process stops.

この不具合が発生した場合、およびあらかじめ不具合を回避する方法は、どちらも Windows Recovery Environment (WinRE)を使用して、復元を実行することとされ、同サポートドキュメントに手順が詳しく掲載されています。

スポンサーリンク