「Windows 10 build 10009」に含まれる「Spartan」ブラウザーのスクリーンショットがリーク

NewImage

一般向け非公開のWindows 10の最新ビルド「build 10009」に、Microsoftの新ブラウザー「Spartan」が搭載されていることがわかりました。中国のサイトITHomeが多数のスクリーンショットをリークしています(NeowinWinBeta)

Spartanは、Windows 10でIEの変わりにデフォルトのWebブラウザになると目されており、レガシーを切り捨てた新しいレンダリングエンジン「Edge」が搭載されているのが特徴です。

全貌はまだ明らかにならず

今のところbuild 10009に搭載されているSpartanでどのような機能が実装されているのか明確ではありません。画像からユニバーサルアプリで、Cortanaの統合はなく、デフォルトのサーチエンジンがBingになっているとみられています。

以下のような新しい画面が掲載されています。

NewImage

お気に入り追加メニュー。

NewImage

設定メニュー。

NewImage

リーディングモード。

残念ながらスクリーンショットからは安定性やスピードといったSpartanの仕上がり具合は分かりません。一般向けに公開されるのを楽しみに待つしか無いかもしれません。

スポンサーリンク