Windows 10 build 15002がインターネット上にリーク - 当初リリース予定のバージョンか

15002 winverjpg

Microsoftは12月7日(米国時間)に、Windows 10 build 14986をリリースして以来、ホリデー休暇に突入し、新しいプレビュー版はいまだに公開されていません。

新バージョンのリリースがまちのぞまれている中、未公開のプレビュー版であるWindows 10 build 15002がインターネット上に流出していることがわかりました(MSPoweruser)。

build 15002は、当初Windows Insider Program参加者に対して公開される予定のものだったようですが、アップデートに関する問題が発覚し、公開が見送られたとみられています。

build 15002には、Windows Updateで、ドライバー更新プログラムを除外するためのオプションが追加されるなど、いくつかの新機能が含まれているものの、おなじく未公開の流出版であるbuild 14997とほとんど同じ機能を持つと見られています。

実際にリンクを辿ると、ファイルをダウンロードすることもできますが、今後アップデートがうまくいかない可能性があることを考えるとインストールしないほうが良さそうです。

スポンサーリンク