Windows 10 build 19592に新しい4つの既知の不具合が追加

S 20200326 105503

Microsoftが先週公開した「Windows 10 Insider Preview Build 19592」に、新しい4つの既知の不具合が見つかったことがわかりました(Neowin)。

現在Microsoftのブログには、4月2日付けで、以下のような不具合の項目が追加されています。

  • [ADDED 4/2] We’re investigating reports that app icons in the taskbar are having rendering issues, including defaulting to the .exe icon.
  • [ADDED 4/2] We’re investigating reports that the battery icon on the lock screen always shows close to empty, regardless of actual battery levels.
  • [ADDED 4/2] We’re looking into reports of IIS configuration being set to default after taking a new build. You will need to back up your IIS configuration and restore it after the new build is installed successfully.
  • [ADDED 4/2] We’re working on a fix for an issue causing webcams to not function correctly when attempting to make a video call in Microsoft Teams. The webcam should be unaffected when using Microsoft Teams via the browser.

タスクバーのアイコンのレンダリングに関する問題や、ロック画面のバッテリーアイコンが常に空に近い状態で表示される問題、IIS構成がデフォルトになってしまう問題、Microsoft Teamsでビデオ通話を開始すると、ウェブカメラが正しく機能しなくなる問題などがリストアップされています。

Microsoftは「flight-blocking bug」のため今週のプレビュー版の公開を中止しており、不具合は来週以降に公開される新ビルドで修正される事が期待されます。

スポンサーリンク