「Windows 10 build 9926」をインストールしてみた - 日本語が使えて完成度が格段にアップ!

2015 01 25 090716

先日リリースされたWindows 10 Technical Previewの最新ビルド「Windows 10 build 9926」では日本語版のISOファイルがダウンロード可能になりました。

普通にインストールするだけで日本語環境で使えるので、Windows 10が、従来のWindows 7/8/8.1からどうかわったのか、とても分かりやすくなっていると思います。

以下、実際に「Windows 10」を仮想環境にインストールし、Windows 10をセットアップする方法を説明したいと思います。

仮想マシンのセットアップ

今回はWindows用の仮想化ソフト「VMware Workstation 11」にインストールしてみました。作年リリースされた最新版なのでWindows 10を最初から認識してくれます。

2015 01 24 214225

↑標準を選択。

2015 01 24 214256

↑インストーラディスクイメージを選び、ダウンロードしたISOファイルを選択します。今回はx64版を使いました。

2015 01 24 214319

↑名前と保存場所は適当に。

2015 01 24 214331

↑この辺もデフォルトです。

2015 01 24 214340

↑完了ボタンを押せば終了。簡単です!

Windows 10のセットアップ

Windows 10のインストールが始まります。

2015 01 24 214627

↑インストールする言語、時刻と通貨の形式、入力方式、キーボードの種類などで、日本語がサポートサポートされていることが分かります。

2015 01 24 214714

↑ライセンス条項も日本語で表示されます。

2015 01 24 214806

↑仮想マシンなので新規でセットアップ。

2015 01 24 225042

↑タイミングが悪かったのか「準備しています」で物凄く時間がかかりました(数時間?)。待ちきれなくて寝てしまったのでどのくらい時間がかかったのか不明。

2015 01 25 084257

↑朝起きたらこの画面が表示されていました。時間はかかったもののうまくいったようです。今回は「自分で設定する」を選択。すると以下Windows 10の初期設定を行う画面が表示されます。

2015 01 25 084311 2015 01 25 084326 2015 01 25 084334 2015 01 25 084347

↑実際は表示だけしてデフォルトのままにしておきました。

2015 01 25 084528

↑アカウントに関しては注意が必要です。Microsoftアカウントでログインするのが簡単ですが、「Microsoftアカウントの作成 > Microsoftアカウントを使わずにサインインする」(上の画面の一番下)を選べばローカルアカウントを使ってログインすることもできます。

2015 01 25 084542

↑ここで好きなローカルアカウントを作成することができます。

2015 01 25 084750

↑しばらく待つと…Windows 10の画面が表示されました!

日本語版Windows 10ギャラリー

2015 01 25 090739

↑新しくなった検索バー。

2015 01 25 090945

↑スタートメニューは最大化可能。

2015 01 25 084928

↑エクスプローラーもさらにモダンに。

2015 01 25 090537

↑右下のトレイアイコンから開けるAction Center。通知などが確認できます。

2015 01 25 090552

↑新しくなった設定アプリ。

2015 01 25 090603

↑ディスプレイの設定。

2015 01 25 090755

↑コントロールパネルも健在。

2015 01 25 090959

↑ストアアプリ。

まとめ

Microsoftが全力を注いでいるだけあり、さすがに全般的に完成度が高くなっている印象です。ストア系機能も控えめになっていて、Windows 8が最初からこの路線できていたら、ここまで反発はなかったかも?と思えるような出来栄えとなっています。

今回はVMware Workstationを使用しましたが、Oracle VirtualBox、Parallelsや、VMware Fusionなど最新の仮想化ソフトならばWindows 10を認識すると思います。新しもの好きの方はWindows 10を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク